プロフィール

松原混声合唱団について

1953年に東京都世田谷区松原で誕生。1962年から関屋 晋の指導を受けるようになり、1973年全日本合唱コンクール全国大会に初出場で金賞を受賞。

1980年小澤征爾指揮でマーラー交響曲第8番《千人の交響曲》が演奏される際に、関屋 晋指導の合唱団の連合体である晋友会合唱団が誕生してからは、その一員としてベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ドレスデン国立歌劇場管、ボストン響、N響、都響、新日フィル、日フィル、シエナ・ウインド・オーケストラほか内外の有力オーケストラとの協演、‘題名のない音楽会’(テレビ朝日)ほかのテレビ出演、レコーディングなどに参加している。

松原独自としても活発な演奏活動を行っており、新実徳英、池辺晋一郎、髙嶋みどり、木下牧子、信長貴富、松本 望ほか現代日本を代表する作曲家による合唱曲の初演も数多い。

2007年発売の‘ベスト合唱100’(EMI)では唯一の新録音を行い、‘ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭において、2011年は山田和樹指揮、2015年は井上道義指揮によるオーケストラ・アンサンブル金沢と協演するなど、新しい活動にも意欲的に取り組んでいる。常任指揮者、清水敬一。

詳細な沿革についてはこちらをご覧下さい。 >> 松原混声の沿革


晋友会合唱団とは

関屋 晋を常任指揮者としたアマチュア合唱団の集合体として活動を開始、現在コーラスマスターは清水敬一が務め、オーケストラとの共演を主たる活動としている。

1980年、小澤征爾指揮の新日本フィル定期でマーラーの<千人の交響曲>を演奏するにあたり結成された。
その後も小澤征爾&新日本フィルと数多くの共演を重ねるとともに、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ボストン響、フィルハーモニア管、バーミンガム市響、都響などと、また指揮者としては、Z.メータ、G.シノーポリ、L.マゼール、P.ブーレーズ、S.ラトルらと共演し、絶賛を浴びている。

1989年6月、ベルリン・フィル定期演奏会に招かれ、小澤征爾の指揮でオルフ<カルミナ・ブラーナ>を演奏しベルリン・デビュー、あわせて録音も行った。
同年12月、再度ベルリン・フィルに招かれ、ジルヴェスター・コンサートにて<カルミナ・ブラーナ>を再演し、同時に録音/録画も行った。

1990年8月、「アッシジ音楽祭」に招かれ、ベルリン、ハンガリーの合唱団とともにハイドン<天地創造>を演奏。

1992年9月、「サイトウキネンフェスティバル松本」におけるオペラ<エディプス王>に出演、その直後武満 徹<混声合唱のためのうた>の録音を行い、フィリップス社よりリリースされている。
さらに同フェスティバルでは、オネゲル<火刑台上のジャンヌダルク>,ヴェルディ<レクイエム>など共演を重ねた。

1994、95年とIPPNW主催コンサートに招かれベルリン、パリ、ブリュッセルなどで、ヴェルディ<レクイエム>、モーツァルト<レクイエム>などを演奏した。

1995年5月、「ブーレズ・フェスティバル」にストラヴィンスキー<詩篇交響曲>、ラヴェル<ダフニスとクロエ>を歌い参加した。
同年7月、現代最高の福音史家シュライヤーとともにバッハ<マタイ受難曲>で国内ツアーを行った。

1996年10月、ウィーン・フィルと「VPOウィークinジャパン」で、ドビュッシー<ノクチュルヌ>、ラヴェル<ダフニスとクロエ>を共演した。

1998年7月、イスラエルのエルサレム響に招かれマーラー<復活>を演奏、絶賛された。

1999年5月にはボストン響と「こどもの日コンサート」を共演し、NHK総合テレビジョンでも放映された。
同年12月から翌年1月にかけて、サイトウキネンオーケストラとマーラー<復活>を演奏、録音した。

2004年4月、フルネ指揮の都響とフォーレ<レクイエム>を演奏、録音した。
同年5月、ベルティーニ指揮の都響とマーラー<千人の交響曲>を演奏、録音した。
レパートリーは、古典派・ロマン派から現代作品まで幅広く、その活動は国内はもとより海外からも注目を浴びている。

Share Button

Be the first to comment

Leave a Reply