連盟70年記念コンサート
皆様ありがとうございました

5/20の全日本合唱連盟70年記念コンサートでは、松原混声は全4曲を演奏しました(公演詳細)。客席には、本イベントのためにチケットを購入して来場された一般のお客様と共に、記念行事のために集まられた全日本合唱連盟の役員の方々、全国の支部・道府県連盟の役員の皆様が多くいらっしゃったことと思います。70年記念という晴れがましい場で、《風の馬》《五つの童画》のような歴史的名作と共に、2005年の作品《CANTUS OMNIBUS UNUS》、まだ本当に新しい2016年出版の《二つの祈りの音楽》の演奏を聞いていただけたことは、とても光栄なことでした。演奏機会をくださった全日本合唱連盟の皆様、誘導や舞台などでお世話になった東京都合唱連盟の皆様(ほぼ全員が顔見知りでとてもリラックスできました!)、そして演奏を聴いてくださった皆様、本当にありがとうございました。

レセプションに参加した方のお話では、特に《二つの祈りの音楽》が評判だったと聞きました。とにかく曲がすばらしく、また共演いただいたピアノ・デュオ・パリ・プラハ(十川菜穂先生&小田裕之先生)の連弾に心を奪われた方が多かったとか。来年2月25日の第23回演奏会でも、今度は《二つの祈りの音楽》全曲で共演をお願いしていますので、どうぞ皆様お聴き逃しなく!

コンサート、池辺晋一郎先生のご講演に続き、創立70年記念表彰では、松原混声合唱団が「合唱音楽の普及、発展に寄与した個人・団体」に贈られる「感謝状」をいただきました。これについてはまた後日、記事にしたいと思います。
記念式典・コンサート パンフレット表紙

Share Button